30代OLが婚活で感じたこと

婚活に合コンは向いていないのか

若い時にたくさん合コンをしてきた女の子は、やっぱり婚活でも合コンが中心になりがちになります。20代なら合コンでもどんどん声がかかる。ただ若いというだけで同年代はもちろん、30?40代からもまさに「引く手あまた」といったところです。ですが、30代に入ったとたんにその勢いはなくなります。それでも過去に合コンでたくさんのいい経験をしてきた人は、合コン中心になりがちです。私も30代半ばになろうとしている今、合コンで感じることは「合コンは結婚に向いていない」ということです。

 

先日も同年代の男性と、3対3で合コンをしてきましたが、昔のように積極的な態度をできる雰囲気ではありません。その場にいて感じることは、「女性側も事務的に男性を見てるなあ」という点です。男性側は30代であってもまだまだ余裕はあります。その気になれば40代でも結婚できるわけですから、自然体で「打ち解けて仲良くしたい」というおもてなしの心を感じられましたが、コチラ側はというと明らかに「結婚相手になるかどうかを品定めしている感じ」が出てる出てる。男性側と女性側の立ち位置が噛み合っていないので、違和感がすごかったですね…。やっぱり、「30歳を過ぎた女性の婚活に合コンは向いていないなあ」とつくづく感じてしまいました。

 

なぜ向いていないのか、1つずつ問題を考えてみるとこうなりました。

 

合コンのメリット

合コンのメリットは気軽にいろんな人と出会うのに向いていると思います。
やっぱり盛り上がると楽しいし、たくさんの人と出会えるのはメリットが大きいですよね。

 

婚活における合コンのデメリット

婚活で合コンをするデメリットは、男性側に「結婚相手を探す」という気持ちで参加している人はほとんどゼロだという点です。
あくまで、出会いの場で、これから仲良くなっていく人を見つける場として考えるのが普通なので、あまりギラギラしていると引かれることもあるかもしれません。

 

婚活合コンに参加する女性の見られ方

婚活で合コンに参加する女性はギラギラしています。時には品定めのように、自分の条件に合うかどうかを会話のはしばしに散りばめて探っているのを隠せません。
ですから、純粋に親交を深めるようなスタンスでないことを男性からも察知されるみたいで、ギラギラ感が増すほど進展から遠のくような感覚といった感じでしょうか。
婚活女子の合コンにはこんな状態が続いて、反対にロスしてしまっているように感じられます。

 

短期間で結婚を狙っているのなら合コンは向かない

ここまでで、考えた理由から短期間で結婚相手を探したい人には、合コンはニーズが合っていないなあと感じています。例え、それが「婚活コン」のようなコンパであっても、男性側と女性側のスタンスにはかなり違いがあるように感じられます。合コンから結婚に結びつけるためには、純粋に少しずつステップを踏んで進展させることが必要なのだと思います。短期間で結婚まで結び付けるなら、どうしても結婚相談所か、お見合いになってしまいますね。

 

私も結婚相談所が今ではメインですが、お互い安くない会員費を払って婚活しているので、真剣さという意味ではこちらの方が向いているように感じられます。かく言う私も、恋愛結婚も諦めたわけではありません。状況によって使い分けたいですね。