30代OLが婚活で感じたこと

婚活中すると失敗に繋がる質問とは

婚活中の質問って気を使いますよね。特に出会って間もないときほど、どこまで踏み込んでいいのか分からない気がします。女の私の場合、男性からすると「面倒くさいだろうなあ」と感じるくらいに、してほしくない質問があります。一方で、好みの男性にならピンポイントで「聞いてほしいな」なんて質問もあるから、自分でも本当にわがままだと思います(笑)
婚活中にお互い気を付けるべき質問について考えてみました。

 

こんな発言には気を付けた方がいいと、経験から感じているのは大きく分けて4つです。相手の婚活についての質問、プライバシーやあまりにプライベートな質問、打ち解ける前の不自然な質問、絶対やっちゃいけない質問の4つ。
1つめが、婚活状態についての質問です。婚活って考えてみれば不自然な活動でもありますよね。「恋愛⇒結婚」という順序ではなく、「結婚」という共通の目的が先に会って出会うための活動です。ですから、お互い立場で分かってはいても、「何年くらい婚活してるんですか?」「どれくらい成果ありました?」なんて質問をされると絶対その人とは一緒にいられないなって思っちゃいますよね。男性からに限らず、女性から聞くのも絶対NGだと思います。私の友人はそれに気付かず、実際に何度も失敗しています。

 

2つめが、プライバシーやプライベートに踏み込んだ質問です。恋愛から発展するお付き合いの場合は、距離感を見ながら聞いてもいい場合があるかもしれません。しかし、婚活の場合はNGな部類に入ります。家族構成や付き合ってきた恋人の人数や、具体的な居住場所、欠点の指摘をされる、なんてことがあります。私が一番驚いたのは、初対面で急に「あなたは◯◯が短所ですね。」と言われたことです。その時は「はあ。そうですね。」くらいで受け流せましたが、あとで思い返して、本当に嫌な気分になりました。
他にも家族についての”具体的過ぎる質問”はやめておきましょう。私自身が、複雑な家庭事情を持つ男性に聞いて失敗した経験があります。「これくらいならいいかな?」という質問でも、相手によっては触れられたくない場合もあるんですよね。こればかりは人によって程度も違いますから、難しいですけれど注意はしておく必要があるかもしれません。

 

最後にお互いに絶対してはいけない質問がセクハラ発言です。セクハラ発言は、男性が女性に対してするイメージがありますが、もちろん逆もあります。男性が、女性に対して具体的で明らかに不快になるような質問をするのは絶対にNGですが、女性が男性に身体的な特徴について質問するのも気を付ける方がいいかもしれません。

 

例えば、一見長所に見える筋肉質な体のことでも、本人にはコンプレックスに感じていることもあるようですし、自分がぽっちゃりな人が好みだからといって、打ち解ける前にそこに触れると嫌な思いをさせる場合もあります。とてもデリケートな問題のため、質問は慎重に当たり障りのないことから少しずつ進めていきましょう。

 

ただ、私みたいに何度も失敗する方が「ここまでは聞いても大丈夫だな」「この質問はNGだな」という境界線を理解できるようになる場合もあります。